新たな連携プライバシー影響評価(F-PIA):プライバシーと信頼できる連合体の構築

【情報セキュリティ監査研究会だより その9 - プライバシー・バイ・デザイン 第4回】(連載)

情報セキュリティ監査研究会では、
アン・カブキアン著、
「プライバシー・バイ・デザイン プライバシー情報を守るための世界的新潮流」
をテキスト(以下、左記の書を「テキスト」と称します)として、
「プライバシー・バイ・デザイン」の意義、影響、PIAや
システム監査との関係などを議論しております。

前回からテキストの第2章第6節
「新たな連携プライバシー影響評価(F-PIA):プライバシーと信頼できる連合体の構築」
を取り上げております。
なぜ、この節を取り上げたかというと、
ネットワーク社会の進展にともない個人情報が複数の組織間
(企業、政府機関、その他の団体)で大量に授受されること
が当たりえまえになってきているなかで・・・


 続きを読む ⇒ 情報セキュリティ監査研究会だより その9
 

今回の記事のテーマについて、
ご興味のある方は、ご参加ください。

【情報セキュリティ監査研究会だより その9 - プライバシー・バイ・デザイン 第4回】(連載)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする