ID連携トラストフレームワークの実証事業ご紹介- 情報セキュリティ監査研究会だより No.18 -

ID連携トラストフレームワークの実証事業ご紹介
  - 情報セキュリティ監査研究会だより No.18 -

情報セキュリティ監査研究会では、アン・カブキアン著、「プライバシー・バイ・デザイン プライバシー情報を守るための世界的新潮流」をテキスト(以下、左記の書を「テキスト」と称します)として、「プライバシー・バイ・デザイン」の意義、影響、PIAやシステム監査との関係などを、2013年8月から議論しております。

 この情報セキュリティ監査研究会だよりでは、会報5月号から7月号まで、プライバシー・バイ・デザインの一実現形態であるID連携トラストフレームワークのご紹介をしてきました。8月号、9月号は、別のトピックスをご紹介いたしましたが、今回から元に戻って、ID連携トラストフレームの実証事業をご紹介したいと思います。

ご紹介するのは、経済産業省が平成25年度に実施した、「『ID連携トラストフレームワーク』の構築のための実証事業」(資料1)のなかのユースケース、「保証書管理サービス」です。今回は、ID連携トラストフレームワーク自体の解説は掲載いたしませんので、必要に応じて会報のバックナンバー5月号(158号)〜7月号(160号)をご参照願います。なお、会報は、日本システム監査人協会のホームページからPDF形式でダウンロードできます(URL1)。

本報告は、情報セキュリティ監査研究会内部の検討結果であり、日本システム監査人協会の公式の見解ではないことをお断りしておきます。また、我々の力不足のため、誤りも多々あるかと存じます。お気づきの点がございましたら適宜ご指摘いただきたいと存じます。ご興味のある方は、毎月20日前後に定例研究会を開催しておりますので是非ご参加ください。

【報告】「平成25年度経済産業省『ID連携トラストフレームワーク』の構築のための実証事業
 におけるユースケース『保証書管理サービス』ご紹介」

経済産業省は、平成25年度電子経済産業省構築事業の一環として、「『ID連携トラストフレームワーク』の構築のための実証事業」を行い、2014年3月に報告書を公開した(資料1)。
今回は、この報告書のなかの「第5章 ユースケースの具体化によるID連携トラストフレームワークの有効性、実用性の検証」(資料1 pp108-152)をとりあげる。

続きを読む ⇒  情報セキュリティ監査研究会だより No.18

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする