「個人情報保護マネジメントシステム実施ハンドブック」簡易版 第17-19章

「個人情報保護マネジメントシステム実施ハンドブック」簡易版 第 17 章

第17章 教育

業者は、個人情報を実務で取扱う従業者の啓発を図り、
従業者の個人情報保護意識を徹底するためにすべての従業者に対し定期的に教育を実施します。

17.1 教育計画

1.個人情報保護教育責任者は、すべての従業者を対象として
「3451PMS教育計画書(兼報告書)」を作成し、個人情報保護管理者および代表者の承認を得ます。
2.同一社内で、営業職と現業職など、個人情報の取り扱いが大きく異なる場合は、
職務内容と職務権限を考慮して「3451PMS教育計画書(兼報告書)」を、
複数パターン作成することがあります。

(中略)

「個人情報保護マネジメントシステム実施ハンドブック」簡易版 第 18 章

第18章 文書の管理
プライバシーマーク認証審査では、
PMSが適切に維持されているかどうかを客観的に確認します。
確認する対象は主として文書で、
第三者が見てもわかりやすく記述されていることが重要です。
実施記録などはエビデンス(証憑)と呼ばれることがあります。

18.1 文書の作成 
PMSの基本となるのは次の要素です。「PMS文書体系」を策定して、維持管理します。

(中略)

「個人情報保護マネジメントシステム実施ハンドブック」簡易版 第 19 章

第19章 苦情・相談対応
事業者は、法31条に基づいて、個人情報の取扱いに関する苦情の
適切かつ迅速な処理及び体制の整備に努める必要があります。
苦情・相談が寄せられた場合は、緊急事態発生手順に準じて取扱います。

19.1 苦情

苦情を受付けた場合の、対応手順の事例を示します。
(中略)


 続きを読む ⇒  「個人情報保護マネジメントシステム実施ハンドブック」簡易版 第17-19章

 

このページはSAAJ会報、2014年1月号より紹介しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする