経済産業省ガイドラインの読みこなしポイント~「個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン」その2

~「経済産業省ガイドライン」の読みこなしポイント~ 
「個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン」その2 
    

2-2.個人情報取扱事業者の義務等 
2-2-1. 個人情報の利用目的関係(法第15条~第16条関連)

2.法令解釈指針・事例 の続きです。

2-2.個人情報取扱事業者の義務等
2-2-1.利用目的関係(法第15条~第16条関連)
(1)利用目的の特定(法第15条第1項関連)

法第15条第1項
個人情報取扱事業者は、個人情報を取り扱うに当たっては、その利用の目的
(以下「利用目的」という。)をできる限り特定しなければならない。

事業者は、どのような目的で個人情報を利用するかをできる限り具体的に特定する必要があります。
多くの場合、業種の明示だけでは利用目的をできる限り具体的に特定したことにはなりません。

個人情報を第三者に提供することを想定している場合には、利用目的において、その旨特定する必要があり、従業者の雇用管理情報の利用目的の特定に当たっても、具体的、個別的に特定しなければなりません。

続きを読む ⇒「経済産業省ガイドライン」の読みこなしポイント その2

「個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン」
 http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/privacy/kaisei-guideline.pdf 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする