共通フレーム2013概説(第188回月例研究会報告)

第188回月例研究会報告

[講演テーマ] 共通フレーム2013概説
[講師] 独立行政法人情報処理推進機構(IPA) 技術本部ソフトウェア高信頼化センター(SEC) 
TIS株式会社 コーポレート本部 品質保証部 主査 室谷 隆氏
[日時、場所]  2013年11月28日 1830-2030 機械振興会館 B2ホール
[講師紹介]室谷様は2004年より2013年4月まで独立行政法人情報処理推進機構(IPA) 技術本部ソフトウェア・エンジニアリング・センター研究員として活躍されました。(2013年6月1日付で技術本部ソフトウェア高信頼化センター(SEC)と改称されました)。

[講演の内容]共通フレーム2013の概要

1.共通フレームとは
・ソフトウェアの構想から開発、運用、保守、廃棄に至るまでのライフサイクルを通じて必要な作業項目、役割等を包括的に規定した共通の枠組み。
何を実施するべきかが記述されている「ITシステム開発の作業規定」である。
その目的は日本において、ソフトウェア開発に関係する人々(利害関係者)が、「同じ言葉で話す」ことが出来るようにするため
(たとえば、・・・(全文を読む) 投稿 共通フレーム2013概説

 

このページはSAAJ会報、2014年3月号より紹介しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする