近畿支部 【第149回定例研究会(ISACA 大阪支部合同)報告】

近畿支部 【第149回定例研究会(ISACA 大阪支部合同)報告】
               報告者(ISACA 大阪支部 今本憲児)

1.テーマ 地域情報化と防災
  ~CATV ネットワークを利用した緊急告知と
   地方公共団体のICT-BCP の現況~
2.講師 ㈱嶺南ケーブルネットワーク
   顧問(情報通信担当) 川端 純一 氏
3.開催日時 2014年12月13日(土) 15:00~17:00
4.開催場所 大阪大学中之島センター 3階 講義室301
5.講演概要
 巨大地震や異常気象などの災害に強いまちづくりのポイント
となるのは、 ①自助、②近助、③共助、④公助、の4つである。
 特に災害発生直後においては、自分の身は自分で守り(①自助)、向こう三軒両隣が相互に助け合い
(②近助)、自主防災組織を組織して地域ぐるみで助け合う(③共助)、といった 近隣の人たちの連携(地域防災)が、最も重要になってくるが、それをサポートするのが④公助になる。

続きを読む ⇒CATV ネットワークを利用した緊急告知と地方公共団体のICT-BCP の現況

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする