危険予知訓練「中部/北信越支部 JISTA中部支部 (合同セミナー)の報告

中部/北信越支部 JISTA中部支部 
【合同セミナー(危険予知訓練)】の報告
   報告者 会員番号 1711 澤田 裕也 

SAAJ中部/北信越支部、JISTA中部支部合同で実施しているセミナーも今年で3年目を迎えた。
主催は持ち回りで今年はJISTA中部支部である。
私はJISTA中部会員でもあり、セミナー事務局を務めさせていただいた。

合同セミナー(開催まで)
4月のJISTA例会で企業システム戦略研究会の青島弘幸さんに「危険予知訓練セミナー」の紹介をいただいた際に、合同セミナーのテーマとしてSAAJ、JISTA会員にぴったりと考え、講師を依頼した。
結果、快く講師を引き受けてくださったので、以下のセミナー趣旨で受講者を募集した。

『昨今の不確実性の高いITプロジェクトを成功裡に進める上で、早い段階からリスク・アセスメント(抽出・分析・評価)した上で、適切な事前・事後対策をとるべく、リスク・マネジメントが重要です。

しかし、先々を見通す危険予知能力が無ければ、効果的にリスクを抽出することが困難です。危険感度といっても良いでしょう。
当セミナーは、産業界で事故防止対策として実践されている危険予知訓練を、ITプロジェクトに応用し、失敗事例から擬似的に失敗経験を積むことで危険感度を高め、危険予知能力の獲得を目指すものです。』

続きを読む ⇒  中部/北信越支部 JISTA中部支部 【合同セミナー(危険予知訓練)】の報告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする