実現に導く力、5月のカレンダー

情報化社会のためのシステム監査というめだかテーマに対して、2稿です。
1 実現に導く力 
2 5月のカレンダー 

実現に導く力
登山のとき、勾配の路では疲れた体がザックをより重くして、弱音を吐いて立ち止まりたい時が毎回必ずある。
農作業のとき、炎天で土にまみれ汗が目に沁み腰が痛くなろうとも、投げ出しちゃあダメだと懸命に気力を絞る。苦しい時にはその先を思う。

そうすると自然と力が湧いてくる。苦労を凌ぐ山頂の快感と収穫の喜びがあるからだ。それはほとんど約束されたように得られる。
それが信じられるからこそ、辛い歩きも作業も続けられる。
これが実現する力の一例だ。例えば、イモ掘りの孫のはしゃぎは他の農作業にも元気を与える不思議な力がある。

「情報化社会のための・・・」というテーマは、システム監査の役割と課題を休みなく考えろ、頭を働かせろと言っているように思う。
情報システムの利活用形態が大きく変化している状況に目を向ければ、システム監査は今後さらに積極的にチェンジすることや、目標の追加や活発な活動が必要であることに気付く。

(全文を読む) システム監査を何のために行うのか?(情報化社会のためのシステム監査)

情報化社会を考える
情報化社会において、公共機関の情報システムは、システム監査が求められるべきと思う。中でも、個人情報(personal information)を取り扱う情報システム(以下、個人情報システムという。)は、公共機関の利用者や住民個人への公的な各種サービスの提供に当って、法令等への準拠や利用目的への齟齬が生じないよう、構築や保守にシステム監査の法制化を求めたい。

個人情報のデータである個人データは、「“personal data” means any information relating to an identified or identifiable individual (data subject)」である〔参考1〕。

つまり、個人データは、識別された又は識別されうる個人(データ主体)に関するあらゆる情報ということである。情報システムに個人データの取扱いがある場合、プライバシー侵害の起きることが無いように取り扱う必要がある。
プライバシーについて、Oxford Dictionary of English では、「privacy; a state in which one is not observed or disturbed by other people」とある。個人が他の人々に観察されたり邪魔されたりしない情況ということである。

(全文を読む) 情報化社会を考える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする