近畿支部第145回定例研究会報告

近畿支部第145回定例研究会報告

1.テーマ :「中小企業におけるリスク認識の手法について」
        ~ JNSA西日本支部WG活動を通じて ~
2.講師  :富士通関西中部ネットテック株式会社
        JNSA西日本支部 嶋倉 文裕氏
3.開催日時:2014年3月20日(木) 18:30~20:30
4.開催場所:大阪大学中之島センター2階 講義室201
5.講演概要 :
講師がJNSA(日本ネットワークセキュリティ協会)
の西日本支部情報セキュリティチェックシートWG活動における
アウトプットをもとに、以下の事項に対して講演を頂いた。

○「第一次情報セキュリティチェックシートWG」での活動
○「出社してから退社するまでのリスク対策WG(9to5リスクWG)」での活動
○「第二次情報セキュリティチェックシートWG」での活動

(全文を読む) 【近畿支部第145回定例研究会報告】

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする