近畿支部 第158回定例研究会

■支部投稿

近畿支部 第158回定例研究会
会員番号 0645 是松 徹

1.テーマ 「会計・税制改正を巡るシステム監査のあり方」
2.講師 ジョイント・ホールディングス(株)IFRSグループ・ディレクター
公認システム監査人、公共政策・IFRSコンサルタント 田淵 隆明様
【特別ゲスト】 駒沢大学・和光大学・愛知県立大学非常勤講師 (立命館大学でも毎年リレー講義担当)・東京大学法学博士 石川 公彌子(くみこ)様
3.開催日時 2016年3月19日(金) 18:30~20:30
4.開催場所 大阪大学中之島センター 3階 講義室301
5.講演概要
講師は近畿支部会員であり、支部において「システム監査法制化推進プロジェクト」の主査を務めておられます。
今回は、会計・税制改正を巡るシステム監査の在り方について幅広い視点からお話しいただきました。
加えて、特別ゲストの石川様からは「システム監査と生活保守主義」と題して具体的事例を踏まえた内容を関連してお話しいただきました。講師による講演の概要は以下の通りです。

続きを読む ⇒【近畿支部 第158回定例研究会】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする