近畿支部第143回定例研究会報告(ISACA大阪支部共催)

近畿支部第143回定例研究会報告(ISACA大阪支部共催)

1.テーマ :「サポート期限切れOSの守り方」
2.講師  :ネットエージェント株式会社 
                              代表取締役    
杉浦 隆幸 様

3.開催日時:2013年12月14日(土) 15:00 ~ 17:00
4.開催場所:大阪大学中之島センター 講義室301
5.講演概要:

XPサポート終了間近で行うこととして、次の5通りの視点から解説いただいた。

真のデッドラインは、2014年4月のサポート終了直後ではなく、クリティカルな脆弱性が顕在化すると見込まれる時点(7月頃か)と認識すべきとのことである。

(全文を読む)
    近畿支部第143回定例研究会報告(ISACA大阪支部共催)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする