近畿支部 第153回定例研究会

支部報告【 近畿支部 第153回定例研究会 】
        会員番号 1709 荒町 弘 (近畿支部)

1.テーマ   
(1)「ソフトウェア著作権研究プロジェクト最終報告」
(2)「システム監査の多様性研究プロジェクト
(システム監査学会)報告」

2.講師 京都聖母女学院短期大学 生活科学科
       准教授 荒牧裕一 氏
     (本協会近畿支部会員、システム監査学会理事)

3.開催日時 2015年7月17日(金)
  18:30~20:30
4.開催場所 大阪大学中之島センター7階 講義室703

5.講演概要(1)
「ソフトウェア著作権研究プロジェクト最終報告」
ソフトウェア著作権研究プロジェクトはもともと、
「コンプライアンスのシステム監査研究会」の活動成果を受け、
分野別により深い研究を行うために発足した。
「ソフトウェア著作権」を研究対象に選んだ理由は、
以下のとおり。
①昔から存在し、頻繁に改正がある。
②どの企業や業種にも共通して問題になる。
③違反には刑事罰があり、リスクが高い。
④内容が複雑でシステム監査学会との共同研究に適している。
本プロジェクトでは最終成果物として「システム監査チェックリスト」を作成した。これは、ソフトウェア著作権に関する注意事項を導入形態別に分類したものである。監査の進め方として、「監査対象」「監査要点」「監査手法」についてまとめてきた。

続きを読む 

【近畿支部 第153回定例研究会】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする