最近のサイバー攻撃と対策の解説(第204回月例研究会講演録)

第204回月例研究会講演録【 最近のサイバー攻撃と対策の解説 】
             会員番号 0557 仲 厚吉

講師   : 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)
      技術本部 セキュリティセンター
      情報セキュリティ技術ラボラトリー
      主任研究員 渡辺 貴仁 氏
日時・場所: 2015 年 7 月 14 日(火)18:30 – 20:30、
       機械振興会館 地下 2 階ホール (神谷町)
テーマ  :「最近のサイバー攻撃と対策の解説」
要旨   :
日本年金機構や東京商工会議所など世の中を震撼させる情報漏洩事件が発生している。改めて標的型メールによるサイバー攻撃についてその仕組みと、組織としての対策の考え方や標的型攻撃メールの見分け方、ウイルス活動の痕跡の確認ポイントについて解説する。

また経済基盤である情報システムから社会基盤である制御システムへとサイバー攻撃の対象は多様化しており、先日警察庁からも制御システムに向けた脆弱性の探索アクセスが増加したとの発表がなされた。
制御システムへの攻撃による被害事例を紹介し、現状の危険性やリスクを踏まえ、経営層が実施すべきポイントや設計・開発・導入段階および運用段階に担当者がどの様な対応を取るべきかについて解説する。

続きを読む 

【最近のサイバー攻撃と対策の解説】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする