支部報告 【 近畿支部第152回定例研究会報告 】

支部報告 【 近畿支部第152回定例研究会報告 】
        報告者 会員番号 0645 是松徹 (近畿支部)

1.テーマ  : 「失敗したITプロジェクトの真の原因に迫るマンダラ図の紹介」
2.講師   : 公認システム監査人 松井 秀雄氏
3.開催日時 : 2015年5月15日(金) 18:30~20:30
4.開催場所 : 大阪大学中之島センター3階 講義室301
5.講演概要 :
「ITプロジェクトで失敗を経験した後、何を学び、何を語り継ぐべき?」との命題を掲げて研究を進め、その成果としてまとめられた失敗を究明する手法である「【ITプロジェクト版】失敗原因マンダラ図」(以後【IT版】マンダラ図)について、構築の経緯・内容と活用事例等についてご講演いただいた。
また、関連して失敗から学んだことを整理し共有する手法である「AAR(After Action Review)」(アメリカ陸軍の事後検証メソッド)について紹介いただいた。

続きを読む 

【近畿支部 第152回定例研究会 報告」】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする