情報セキュリティ監査研究会だより その12 - プライバシー・バイ・デザイン 第7回

プライバシー・バイ・デザインの提唱者であるカナダ・オンタリオ州の情報・プライバシー・コミッショナー、アン・カブキアン博士の定義によれば、プライバシー・バイ・デザインとは、「プライバシー情報を扱うあらゆる側面においてプライバシー情報が適切に取り扱われる環境をあらかじめ作り込もうというコンセプト」である。

しかし、これは、単にコンセプトというレベルではなく、フレームワーク、さらにいえば、ムーブメント(運動)と言うべきものではないか。
デジタルネットワーク技術が社会インフラとして深く浸透し、社会全体に革命的な変化が起こりつつある現在、「プライバシー・バイ・デザイン」は、その変化の方向を左右する力を持つものであると考える。

このようなコンセプトを、インターネットが普及し始めた1990年代半ばに提唱した、アン・カブキアン博士の先見性に、深く敬意を表するものである。プライバシー・バイ・デザインの目指すものは、・・・

 続きを読む ⇒ 情報セキュリティ監査研究会だより その12
 

今回の記事のテーマについて、ご興味のある方は、ご参加ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする