リスクマネジメントと危機管理~想定内と想定外:原点に戻って考える~

■月例研報告

第208回月例研究会講演録
【リスクマネジメントと危機管理~想定内と想定外:原点に戻って考える~】  投稿者 会員番号 0557 仲 厚吉

講師 :東京海上日動リスクコンサルティング株式会社 主幹研究員 兼
   立教大学 21世紀社会デザイン研究科 特任教授 指田朝久 氏
日時、場所 : 2015年11月19日(木)18:30 – 20:30、
       機械振興会館 地下2階ホール (神谷町)
テーマ :
 「リスクマネジメントと危機管理~想定内と想定外:原点に戻って考える~」

要旨:
地震、水害、火山噴火、テロ、株価の暴落、粉飾決算、情報漏洩、ハッキング、コンピュータウイルス、法令違反など様々な企業や組織をゆるがす事態が発生している。
これらについて危機管理あるいはリスクマネジメントと説明されるが、その言葉の意味は使用する人々によって様々である。
また東日本大震災の教訓として想定外に備えることが示されているが、これらはリスクマネジメントや危機管理のどの領域に対応するのであろうか。今日はこれらの言葉の使い方について原点にもどって考察する。

続きを読む ⇒リスクマネジメントと危機管理~想定内と想定外:原点に戻って考える~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする