「月例研究会」タグアーカイブ

第218回月例研究会:講演録【情報処理安全確保支援士制度について(通称;登録セキスペ)】

【第218回月例研究会:講演録【情報処理安全確保支援士制度について(通称;登録セキスペ)】】
. 会員番号 2023 戸室 佳代子
【講師】経済産業省商務情報政策局
地域情報化人材育成推進室長  藤岡 伸嘉 氏
【日時・場所】
2016年11月15日(火)18:30~20:30
機械振興会館 B2F ホール
【テーマ】
「情報処理安全確保支援士制度について(通称;登録セキスペ)」
【要旨】
近年、ソフトウェアの脆弱性(サイバー攻撃を受ける危険性がある弱点)に起因する被害や情報漏えいが深刻化している。その一方で我が国のサイバーセキュリティの専門人材は不足している。

そこで、政府機関や企業等のサイバーセキュリティ対策を強化、最新のセキュリティに関する知識・技能を備えた高度かつ実践的な人材を確保するため、このたび新たな国家資格である「情報処理安全確保支援士制度」が創設された。今回は、この情報処理安全確保支援士制度について解説する。

【講演録】
1.サイバーセキュリティ基本法及び情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律の概要

日本年金機構の情報流出事案等を踏まえ、政府機関等のサイバーセキュリティ対策の抜本的強化を図るため、以下の改正を行う必要があった。

① 国が行う不正な通信の監視、監査、原因究明調査等の対象拡大
対象となる特殊法人・認可法人はサイバーセキュリティ戦略本部が以下のとおり指定。
日本年金機構、国家公務員共済組合連合会(KKR)、地方公務員共済組合連合会、地方職員共済組合、都職員共済組合、全国市町村職員共済組合連合会、日本私立学校振興・共済事業団、公立学校共済組合、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)の9法人。(続きを読む) ⇒投稿 【 情報処理安全確保支援士制度について 】