SAAJ会報2017年01月号(第190号)を発行しました

■ SAAJ会報2017年01月号(第190号)を発行しました。

2017年の幕開けにあたり
スマート社会到来に向けてSAAJは新たな取組みを始動します。

SAAJ会報2017年01月号(第190号)の全文は、
SAAJ会報2017年01月号(第190号)からご覧いただけます。

■ ■ 巻頭言
『年頭に当たって』  会員番号 0557 仲 厚吉 (会長)
2017年度は、スマート社会計画「ソサエティー5.0」などITの利活用が社会全般に広がるなか、システム監査の普及・促進のため協会の信頼性を高めるべく次のように協会運営を行う方針です。

1.協会事業の方向性は次の3点とする。
1)システム監査人の社会的評価の向上
「認定NPO法人」の認定する資格として「公認システム監査人」への評価を向上させる。

2)システム監査の活性化
○社会の多様な要請に対応し、信頼性・安全性が高くかつ有効なIT活用を実現することを目標として、ITサービスの提供者と利用者双方における適切な統制を維持・向上させる活動を、既存のシステム監査を核にした「ITアセスメント」としてとらえる。そのうえで、SAAJの活動を「ITアセスメント」の定着に焦点を当てて取り組む。
○これにより、会員を含むシステム監査人のビジネス機会の増大を図り、SAAJの知名度向上、会員の拡大に繋げる。

3)協会組織の充実
協会組織を整備し体制を充実させ世代交代に取り組む。

2.システム監査の活性化の一環として次の活動を行う。
1)「ITアセスメント」のISO化を推進する。
2)システム監査に関連する他団体との交流を進める。
3)コミュニケーション向上のため、ホームページ、会報を充実する。

会員の皆様にご協力をお願い申し上げ、年頭のご挨拶と致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする