最近のサイバー攻撃と対策の解説(SAAJ会報2014.10)

第193回 月例研究会 (2014年7月22日開催)

【講演テーマ】 「最近のサイバー攻撃と対策の解説」
【講師】 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA) 技術本部 セキュリティセンター
情報セキュリティ技術ラボラトリー 主任研究員 渡辺 貴仁 氏
【日時】 2014年7月22日(木曜日)18:30~20:30
【場所】 機械振興会館 地下2階ホール

【講演骨子】:講演者より
オンラインバンキングにおける不正送金の被害が増加傾向にあり、警察庁によれば2014年の国内における被害額は、5月9日の時点で14億円を超え、過去最大であった昨年の被害総額を既に超えたとあります。また多くのオンラインサービスサイトで第三者にログインされ、情報の不正取得やなりすましの被害が発生しています。
さらにホスティング事業者が攻撃を受け、そのサービスを利用しているウェブサイトが改ざんされ、エンドユーザにウイルスを感染させる事例が発生しております。
この様なサイバー攻撃を紹介するとともに、対策について解説をします。

【講演概要】
IPAが毎年発行している「10大脅威」の2014年版を中心に、情報セキュリティに関する注目すべき脅威や懸念とその対策について紹介された(参考資料のURLは、文末にまとめて記載する)。

 続きを読む ⇒ 最近のサイバー攻撃と対策の解説(SAAJ会報2014.10)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です