個人情報影響評価PIA の考え方と実施手順-プライバシーバイデザインとしてのPIA-

第194回 月例研究会 (2014年8月20日開催)
           報告者 藤野明夫 (情報セキュリティ監査研究会)

【講演テーマ】「個人情報影響評価PIA の考え方と実施手順 
         -プライバシーバイデザインとしてのPIA-」

講師:一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
      電子情報利活用研究部 部長 坂下哲也氏

日時:2014年8月20日(水曜日)18:30~20:30
場所:機械振興会館 地下2階ホール

【講演骨子】 
「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(平成25年度法律第27号)
(以下、「社会保障と税番号法」又は「番号法」)に基づき、
平成28年1月より私たちに「番号(以下、マイナンバー)」
が付与される。

現在、国、行政機関、地方公共団体等では、その導入に向け、
“特定個人情報ファイルを保有する前に
安全な取扱いがなされることを評価し、宣言する
「特定個人情報保護評価」(以下、PIA)”
を実施している。

JIPDECでは、平成25年度に複数の地方公共団体の協力の下で
「特定個人情報保護評価」を試行し、実効性が高い手順を取りまとめ
、平成26年度から評価機関の支援を行っている。

本会では、PIA実施における対策等を解説するとともに、
政府戦略に基づくマイナンバーの利用について検討されているモデル
(ID連携トラストフレームワーク)等について紹介する。

 続きを読む ⇒ 個人情報影響評価PIA の考え方と実施手順

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です