めだか

「めだか」は、毎月、SAAJの会員が投稿する、
システム監査やICT活用に関する自由コラムです。

2016年のめだか

最新

【情報システム部門のためのシステム監査】

2015年のめだか

【情報システム部門のためのシステム監査】
【情報システム部門と共に、情報システム部門の為に】
【マネジメントシステム内部監査におけるシステム監査人の役割201502】
【マネジメントシステム内部監査におけるシステム監査人の役割201503】
【マネジメントシステム内部監査におけるシステム監査人の役割201504】

2014年のめだか

2014.01
【指摘ゼロのシステム監査】
【システム監査人にもっとも必要な資質は? (システム監査の未来)】
【「情報革命時代の知恵」として学ぶシステム監査(システム監査の未来:その③)】
【ストロマトライト】

2014.02
【個人情報、個人データ】
【システム監査人の責任】
【尊厳の監査】

2014.03
【プライバシー保護と個人データの国際流通】
【「帝力何有於我哉」に例えれば 】

2014.04
【公(おおやけ)と親業(おやぎょう)】
【主客転倒と無縁のシステム監査】
【システム監査人としての覚悟】

2014.05
【システム監査と業務監査】

2014.06
【システム監査を何のために行うのか】
【5月のカレンダー】

2014.07
【実現に導く力】
【情報化社会を考える】

2014.08
【次世代を考える(次世代のためのシステム監査)】

2014.09
【次世代のためのシステム監査】

2014.10
【次世代のためのシステム監査 】
【提案:次世代のため5%の時間を割こう 】

2014.11
【情報システム部門のためのシステム監査 】

201412
【情報システム部門のためのシステム監査】
【部門長の味方】

■2013年のめだか■

2013.01
見当識や心の理論について(システム監査人のやりがい)
杵柄(きねづか)、年(とし)の功(こう) (システム監査人のやりがい)
監査人の余禄(システム監査人のやりがい)

2013.02
見当識や心の理論について(システム監査人のやりがい)
システム監査人自身も頭の切替えが必要では
  (システム監査の普及促進)
 システム監査の普及促進-会報への一考察
 十色・百様・千姿に向き合う付加価値(システム監査の普及促進)
 元旦1面トップ記事の監査対象(システム監査の普及促進) 

2013.03
システム監査人の足下は大丈夫か?(システム監査の普及促進)
 Cyber-Physical Systems
 四半世紀の変遷、監査も変化したか?(システム監査の普及促進)
システム監査の普及促進-デスマーチを憂いて

2013.04
 ピンク本から学ぶ停滞打破(システム監査の普及促進)
 当事者の説明責任遂行に信頼性を付与(システム監査の普及促進)
 体幹を鍛えよう (システム監査の普及促進)

2013.05
将を射んと欲すれば・・・・(システム監査活性化への提言)
先手、先制、機先 (システム監査活性化への提言)

2013.06
「道」 の活性化・・・・(システム監査活性化への提言)
監査人自身が社会的使命を明確に自覚する
  (システム監査活性化への提言)】

2013.07
システム監査と他の監査との関係・連携
  (システム監査活性化への提言)
So What(システム監査活性化への提言)
内部監査において重み増すシステム監査
  ―内部監査人の立場からのシステム監査活性化
システム監査の普及促進―デスマーチを憂いて・・その3

2013.08
システム監査の使いみち(ガバナンス)
業界用語や輪切りの駆逐
「報告」目的が拡大された新COSO内部統制フレームワーク
 (システム監査の使いみち)

2013.09
システム監査の使いみち(マネジメント)
東日本大震災の教訓とシステム監査 (システム監査の使いみち)
IRとシステム監査 (システム監査の使いみち)

2013.10
 システム監査活性化の一考察
 ~ジェロントロジーと生きがい就労に向けて~ 
「システムリスク監査」と言い換える (システム監査の使いみち)
IRとシステム監査 (システム監査の使いみち)
 パーソナルデータの利活用(システム監査の使いみち) 

2013.11
【 個人情報保護やプライバシー保護 (システム監査の未来) 】
【 組織内システム監査に答がある (システム監査の未来) 】
【 システム監査の監査として Identity の確立
  (システム監査の未来:その①) 】

2013.12
 人口の波(システム監査の未来) 
 システム監査の脱皮(システム監査の未来) 
 監査の基盤としてのシステム監査の認知(システム監査の未来②)

 

■2012年のめだか■

2012.01
オリンパス会計監査人の責任

2012.02
共通番号制「マイナンバー」利用成るか

2012.03
共通番号制「マイナンバー」利用成るか

2012.04
システム監査人の悩みは深い
悩みは成功・成長への足がかり

2012.05
システム監査人の悩み-安全・安心への考察
システム監査人の自問自答

2012.06
システム監査人のディレンマ
システム監査人の悩み-「ふしぎなキリスト教」を読んで
システム監査人の悩み

2012.07/08合併
私が捉えるシステム監査の魅力

2012.09
震災対策とシステム監査(システム監査のすすめ)
監査人の心得(システム監査のすすめ)
監査の中でのシステム監査の立ち位置(システム監査のすすめ)
システム監査とお免状

2012.10
各当事者がシステム監査の本質的な弱点を認識して(システム監査のすすめ)
見えざる手と同感(システム監査のすすめ)
システム監査人が〝醍醐味″を感じるとき(システム監査のすすめ)
クラウド事業者の監査(システム監査のすすめ)

2012.11
システム監査の真の顧客は誰か(システム監査人のやりがい)
システム障害管理の・・・・ホヘト (システム監査人のやりがい)
情報システムの健全性について(システム監査人のやりがい)

『国富論』の時代と現在

2012.12
事実と評価について (システム監査人のやりがい)
それは思い違いかも(システム監査人のやりがい)
ICT革命の進展とICTシステム専門家に求められるもの

■2011年のめだか■

2011.01
保証業務に係る公表文書の調査研究と
   保証型システム監査の一考察(ダイジェスト版)

介護保険制度において真に見直されるべき制度上の問題
監査とコーチング
 PMS 構築の個人情報管理台帳とリスク分析表を
作成目的から考えるとわかりやすくなる

2011.02
破産出版社の債権者集会

2011.03
百貨店のカードシステム

2011.4
減災:事業継続監査の観点から
歴史にみるカンサ

2011.5
セキュリティソフトの更新騒動

2011.6
データセンターにて思うこと

2011.7
『金融機関等のシステム監査指針』利用における一考察

2011.8
情報システムの安全対策基準の価値

2011.9
オフショア開発と日本の開発力
エンロン和解金

2011.10
めだか どじょう

2011.11
ネットビジネスとシステム監査

2011.12
1年の計画評価
歴史にみる監査 - ガバナンスについて歴史をふりかえって

 

■2010年のめだか■

2010.07
岡三証券知財判決で勝つ
ネット選挙活動でのリスク

2010.08
日本振興銀行メール削除事件
15万台Windows2000 サーバの行く末

2010.09
情報通信技術戦略の抜本的な刷新
失敗を通して学んだシステム監査の勘所

2010.10
日本振興銀行破たん処理へ
システムリスクへのアンビバレンスな思い

2010.11
タイムスタンプ
システム監査法制化か自己規律か

2010.12
システム監査の原点を考えよう
システム監査の専門家
「グーグル秘録完全なる破壊」を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

システム監査を普及、活用していただくための支援活動をしております