SAAJ会報2015年7月号(第172号)を発行しました。

SAAJ会報2015年7月号(第172号)を発行しました。

日本システム監査人協会は NPO法人から認定NPO法人に !

これまで以上に協会の信頼性向上、活性化に取り組みます。

SAAJ会報2015年7月号(第172号)の全文は、
  SAAJ会報2015年7月号(第172号)
からご覧いただけます。

  SAAJ会報2015年7月号(第172号)目次
からご覧いただけます。

■ ■ 巻頭言 
『 認定特定非営利活動法人に認定される 』
  会員番号:0557 仲 厚吉 (会長)

 当協会は、協会の信頼性を向上するため認定特定非営利活動法人として認定されるよう2012年より取り組んできました。
 このたび、所轄庁である東京都知事より2015年6月3日付けで「認定特定非営利活動法人に認定した旨の通知書」を授与されました。認定特定非営利活動法人は、特定非営利活動法人のうちその運営組織及び事業活動が適正であって公益の増進に資するものにつき一定の基準に適合したものとして所轄庁の認定を受けた特定非営利活動法人をいいます。

 広く市民からの支援を受けているのかどうかを判断するための基準であるパブリック・サポート・テスト基準は、3,000円以上の寄附者の数が年平均100人以上であることをもって基準に適合と判定されました。ご寄附頂いた皆様には誠にありがとうございます。

 その他に、事業活動において共益的な活動に占める割合が50%未満であること、運営組織及び経理が適切であること、事業活動の内容が適正であること、情報公開を適切に行っていること、事業報告書を所轄庁に提出していること、法令違反・不正の行為・公益に反する事実等がないこと等に適合しています。
 これまで以上に協会の信頼性向上、活性化に取り組みますので会員の皆様にはご協力をお願い申し上げます。

kantogen
画像をクリックすると拡大表示します。

認定特定非営利活動法人日本システム監査人協会 2015年6月3日認定

2015年6月3日 認定 【 認定特定非営利活動法人日本システム監査人協会 】
会員番号 0557 仲 厚吉 (会長)

2015年6月3日、東京都庁本庁舎27F
東京都生活文化局都民生活部 地域活動推進課NPO法人係 殿にて、
「認定特定非営利活動法人として認定した旨の通知書」
の授与が行われました。

続きを読む ⇒【認定特定非営利活動法人日本システム監査人協会】

マネジメントシステム内部監査におけるシステム監査人の責任

(めだか)
マネジメントシステム内部監査におけるシステム監査人の責任 

日本証券取引所グループは2015年6月1日よりホームページに、株式会社東京証券取引所「コーポレートガバナンス・コード~会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上のために~」を公表している。その主旨は、次のようなものとなっている。

コーポレートガバナンス・コードについて

本コードにおいて、「コーポレートガバナンス」とは、会社が、株主をはじめ顧客・従業員・地域社会等の立場を踏まえた上で、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うための仕組みを意味する。
本コードは、実効的なコーポレートガバナンスの実現に資する主要な原則を取りまとめたものであり、これらが適切に実践されることは、それぞれの会社において持続的な成長と中長期的な企業価値の向上のための自律的な対応が図られることを通じて、会社、投資家、ひいては経済全体の発展にも寄与することとなるものと考えられる。

続きを読む ⇒【マネジメントシステム内部監査におけるシステム監査人の責任】

システム監査人の魅力

【 システム監査人の魅力 】

会員番号 0557 仲 厚吉(会長)

山中伸弥先生の「iPS細胞がひらく新しい医学」を聴講しました。講演の中で、研究者には、「VW」すなわち「Vision and hard Work」 が必要だというお話がありました。
会場からVisionはどのように考えるのかという質問があり、先生より、「自分は、最初、整形外科医としてスポーツドクターになることを目指したが整形外科医に向いていなかった。そのとき、臨床研修で難病の患者さんを診て、治療のため研究者を目指した。このように目指そうとするVisionは変化してきた。」というお答えがありました。

一般に日本人はhard Workは得意ですがVisionを考えるのは苦手だと言われています。これは、日本人が欧米のように個性をさほど重要とせず「世間」を気にして行動するのと似たメンタルな現象であるように思います。しかし、Visionが無ければ、hard Workは目指す方向が定まりません。

続きを読む ⇒【システム監査人の魅力】

三井住友信託銀行㈱におけるシステム統合に対する内部監査の概要 SAAJ第202回月例研究会

第202回 月例研究会 (2015年5月開催)報告
 「三井住友信託銀行㈱におけるシステム統合に対する内部監査の概要」
  投稿者 会員番号1342 安部晃生 (副会長)

【講演テーマ】 三井住友信託銀行㈱におけるシステム統合に対する内部監査の概要
【講師】 三井住友信託銀行株式会社 内部監査部 審議役兼システム監査チーム長 辻本 要子 氏
【日時】 2015年5月29日(金曜日) 18:30~20:30
【場所】 機械振興会館 地下2階ホール
【講演骨子】:講演者より
旧住友信託銀行㈱と旧中央三井トラスト・ホールディングス㈱は、2009年11月に経営統合について基本合意し、持株会社統合、銀行統合を経て、2014年11月にシステム統合を完了させた。内部監査部は、システム統合を経営上の最重要課題として、統合プロジェクト監査チームを設置しオンゴーイングで監査を実施してきた。
本講演では、国際基準IIAに準拠しつつ、金融庁公表「システム統合リスク管理態勢の確認検査用チェックリスト」のチェック項目を踏まえて、三井住友トラスト・ホールディングス㈱および三井住友信託銀行㈱が長期に亘って実践してきたシステム統合に対する監査の概要を、具体的な監査テーマ等を示しながら説明する。

続きを読む 

【三井住友信託銀行㈱におけるシステム統合に対する内部監査の概要】

6か月で構築する【個人情報保護マネジメントシステム実施ハンドブック】好評発売中!

6か月で構築する
【個人情報保護マネジメントシステム実施ハンドブック】
好評発売中!
  報告者 会員番号1760 斎藤由紀子(個人情報保護監査研究会)

1.「個人情報保護マネジメントシステム実施ハンドブック」
  価格:2700円(+消費税) A5版 188ページ

  今なら特別価格:2500円(消費税、送料込み!)で提供中!
  「書籍注文書.PDF」をダウンロードし、FAXでお申込みください。
   http://www.saaj.or.jp/shibu/100701PMSHandBookChirashi.pdf

 
2.「個人情報保護マネジメントシステム実施ハンドブック」を購入された方へ

  全規程・全様式がダウンロードできる、
読者登録をお願いします。(登録無料)

続きを読む 

【6か月で構築するPMSハンドブック】

近畿支部 第147回定例研究会 報告

支部報告 【 近畿支部 第147回定例研究会 】
   報告者 会員番号 169 林 裕正 (近畿支部)

1.テーマ 消費税の複数税率化の動向とシステム監査
2.講師 ジョイント・ホールディングス(株) 
IFRSグループ・ディレクター
     システム監査技術者・公認システム監査人  田淵隆明氏
3.開催日時 2015年3月20日(金) 18:30~20:30
4.開催場所 大阪大学中之島センター 講義室201
5.講演概要
 講師は、近畿支部の会員であり、近畿支部において「システム監査法制化推進プロジェクト」の主査を務めておられます。今回は、消費税の複数税率化の動向とシステム監査について、お話しいただきました。講師による講演の概要は以下の通りです。
「2017年4月に消費税の10%への引上げが延期され、それと同時に軽減税率が導入されることになりました。ただ、この複数税率化による業務負担の増大やシステムの対応を懸念する声が聞かれます。そこで、今回は、会計システムの対応状況と課題、そして、システム監査人としての留意点について解説します。」

続きを読む 

【近畿支部 第147回定例研究会 報告」】

注目情報(2015.5~2015.6) SAAJ会報 2015.07

■ ■ 注目情報(2015.5~2015.6) SAAJ会報 2015.07

「日本年金機構の個人情報流出について」

平成27年6月1日、日本年金機構は、職員の端末に対する外部からのウイルスメールによる不正アクセスにより、当機構が保有している個人情報の一部が外部に流出したことが、5月28日に判明し、現時点で流出していると考えられるのは、約125万件と発表された。
原因は、電子メールのウイルスが入った添付ファイルを開封したことにより、不正アクセスが行われ、情報が流出したものと考えられる。

「サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)2014年度活動レポートの公開」【IPA】2015.5.27

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は、国内重要産業における標的型攻撃の情報共有の枠組みである「サイバー情報共有イニシアティブ」(J-CSIPジェイシップ (*1))において、参加組織から情報提供された939件の攻撃メールを分析した結果、同一と思われる攻撃者から国内9組織に対し、巧妙かつ執拗な攻撃が31か月も継続していることを確認しました。
この詳細な分析について、2014年度の情報共有の運用状況と共に2014年度(2014年4月~2015年3月)の活動レポートとして公開しました。

注目情報(2015.5~2015.6) SAAJ会報 2015.07の詳細を見る

 ⇒【注目情報(2015.5~2015.6) SAAJ会報 2015.07】

SAAJ主催イベント・セミナー・関連情報のご案内

【SAAJ主催イベント・セミナー・関連情報のご案内】

【 協会主催イベント・セミナー等のご案内 】

【 協会主催イベント・セミナー等のご案内 】

・月例研究会(東京)日時:2015年7月14日(火)
 「情報セキュリティの最新の脅威の動向」(仮題)

・月例研究会(東京)日時:2015年8月24日(月)
 「CSMS(サイバーセキュリティマネジメントシステム)認証
    とISMS認証の今後」(仮題)

・月例研究会(東京)日時:2015年9月15日(火)
 「マイナンバーがもたらす社会の大変革  
    -制度施行直前チェックを含めて-」

・公認システム監査人特別認定講習(東京・大阪)
・中堅企業向け「6ヶ月で構築するPMS」セミナー(東京)

・システム監査体験セミナー(入門編)のご案内 大阪
 日時:2015 年8月29日(土)10:00~17:00
 会場:大阪大学 中之島センター

【外部主催イベント・セミナーのご案内】
・日本内部統制研究学会「第8回年次大会」
 日時:2015年7月18日(土)9:30~18:00年次大会/18:15~19:45懇親会
 会場:新潟青陵大学

(イベント・セミナー・関連情報のご案内 詳細を読む)

【SAAJ主催イベント・セミナー・関連情報のご案内(2015.07)】

次の関連情報もご覧ください。

新たに会員になられた方々へ

会報記事へのご意見をお待ちしています。2015.07

会報記事へのご意見をお待ちしています。

ご意見の投稿方法を紹介します。

1.会報記事全体、今月号全体へのご意見や感想

  画面上部の見出し「お問い合わせ」をクリックして、
 「記事内容」の区分を選択し、メッセージを入力してください。

2.個別の記事に対するご意見

  コメントしたいそれぞれの 該当記事の掲載日付横にある
 「コメントをどうぞ」をクリックします。
 「コメント入力用の枠内に、メッセージを入力してください。
  内容を確認して、「コメント投稿」をクリックすることで
  投稿は完了します。

  なお、「コメントをどうぞ」の機能は、
  スパムコメントや意味不明の書き込みが投稿される場合には、
  機能を制限します。

会報記事を読む