SAAJ会報12月号(第141号)を発行しました

SAAJ会報12月号(第141号)をお届けします。

経営者、社長を応援するCSA、公認システム監査人は、システム監査の業務を通して、業務改革の視点を提供します。

 
2012年12月号の記事全体は ココ からご覧いただけます

個別記事は、次の内容をご覧いただけます。

 

■めだか(システム監査人のコラム)

仕組み(コントロール)を憎み、人を憎まず(システム監査人のやりがい)

事実と評価について (システム監査人のやりがい)

それは思い違いかも(システム監査人のやりがい)

ICT革命の進展とICTシステム専門家に求められるもの

 

■会員からの投稿

構築途上にあるシステムへの監査が足りない②・・・それは?

<時事論評> リバースクラウド化する世界

 

■新しく会員になられた方へ

新たに会員になられた方々へ (お役立ち情報や協会活用方法)

 

■SAAJの活動を紹介(SAAJからのお知らせ)

会員増強プロジェクト(連載中)
1.会報部会の取り組み
2.情報セキュリティ監査研究会の取り組み
 

 

■SAAJ会長コラム

会長コラム 「監査」と「監督」(システム監査人が近い将来果たす役割)

 

■注目情報(2012/10~11)

制御システムにおけるセキュリティマネジメントシステムの構築に向けた解説書の公開

【IPA:セキュリティセンター 2012年11月の呼びかけ「 濡れ衣を着せられないよう自己防衛を! 」】

警察庁:「遠隔操作ウイルスの被害に遭わないために!」HPに掲載

 

■全国のイベント・セミナー情報(2012/12)

【東京・月例研究会】11/21、12/17、1/22開催予定

東京・CSA(公認システム監査人)資格取得関係セミナー

「事例に学ぶ課題解決セミナー」12/1

「システム監査実務セミナー」2/2-3、2/9-10

【大阪・近畿支部主催セミナー】「第137回定例研究会 兼 ISACA大阪支部12月度特別講演会」12/15

【札幌・北海道支部主催セミナー】「北海道支部 創立10周年記念講演会」12/15

 

■「会報編集部からのお知らせ」

会報編集部からのお知らせ

今月も多くの活動報告、投稿をいただき、ありがとうございました。
ご出講、投稿いただいた方、またこのサイトを訪問された方々の一つ一つの活動が、
日々の業務の改善、業績向上や仕組みの変革に寄与するよう、応援させていただきます。
このような活動を、是非、皆様の周りの方にもお知らせください。

会報編集部からのお知らせ(SAAJ会報、2012年10月号)

■「会報編集部からのお知らせ」

会報編集部からのお知らせ

今月も多くの活動報告、投稿をいただき、ありがとうございました。
ご出講、投稿いただいた方、またこのサイトを訪問された方々の一つ一つの活動が、
日々の業務の改善、業績向上や仕組みの変革に寄与するよう、応援させていただきます。
このような活動を、是非、皆様の周りの方にもお知らせください。

全国のイベント・セミナー情報(2012/12) SAAJ会報141号

■全国のイベント・セミナー情報(2012/12)

【東京・月例研究会】11/21、12/17、1/22開催予定

東京・CSA(公認システム監査人)資格取得関係セミナー

「事例に学ぶ課題解決セミナー」

「システム監査実務セミナー」2/2-3、2/9-10

【大阪・近畿支部主催セミナー】「第137回定例研究会 兼 ISACA大阪支部12月度特別講演会」

【札幌・北海道支部主催セミナー】「北海道支部 創立10周年記念講演会」12/15

注目情報(2012/10~11)

■注目情報(2012/10~11)

制御システムにおけるセキュリティマネジメントシステムの構築に向けた解説書の公開

【IPA:セキュリティセンター 2012年11月の呼びかけ「 濡れ衣を着せられないよう自己防衛を! 」】

警察庁:「遠隔操作ウイルスの被害に遭わないために!」HPに掲載

「監査」と「監督」(システム監査人が近い将来果たす役割)

■SAAJ会長コラム

公益社団法人日本監査役協会は、平成24年8月30日に監査役等の英文呼称の推奨案を取り纏め、公表しました。
その内容は、以下の通りです。
・監査役  Audit & Supervisory Board Member
・監査役会 Audit & Supervisory Board
公表文書によれば、・・・
(全文を読む)

会長コラム 「監査」と「監督」(システム監査人が近い将来果たす役割)

会報141号(2012年12月号)より、会長コラム記事を紹介しています。

SAAJの活動を紹介(SAAJからのお知らせ)

■SAAJの活動を紹介(SAAJからのお知らせ)

会員増強プロジェクトの活動も、活動開始から半年を過ぎ、着実に成果を上げています。今月の会報では、プロジェクト活動をタイムリーに情報発信している会報担当と、・・・(全文を読む)

会員増強プロジェクト(連載中)1.会報部会の取り組み
2.情報セキュリティ監査研究会の取り組み
 

新しく会員になられた方へ

■新しく会員になられた方へ

新しく会員になられたみなさま、当協会はみなさまを熱烈歓迎しております。
先月に引き続き、協会の活用方法や各種活動に参加される方法などの一端をご案内します。
(全文を読む)

新たに会員になられた方々へ (お役立ち情報や協会活用方法)

リバースクラウド化する世界

■会員からの投稿

決して乱心ではない。表題はITではなく電力の潮流を表したものだ。
言うまでも無くITの動力源は電力であり、
また現代社会においては電力の制御にはITが不可欠である。・・・

(全文を読む)

<時事論評> リバースクラウド化する世界

会報141号(2012年12月号)より、会員投稿記事を紹介します。

構築途上にあるシステムへの監査が足りない

■会員からの投稿

システム構築プロジェクトの失敗事例が多いことについて、別調査も引用する。
前号では、「企業IT動向調査報告書2012」(JUAS)から、
QCD(品質:Quality、予算:Cost、工期:Delivery)に関する調査引用しつつ、
全体の1/3が明らかな失敗で・・・(全文を読む)

構築途上にあるシステムへの監査が足りない②・・・それは?

会報141号(2012年12月号)より、会員投稿記事を紹介します。

前半記事と合わせてお読みください。

システム監査人のやりがいとは何

システム監査人のやりがいとは何でしょうか。

 現場のシステム監査人は、どう感じているのでしょうか。

 会報141号(2012年12月号)より、めだか記事(システム監査人のコラム)を紹介します。

先月の本コラム(めだか)で、システム監査の真の顧客はシステム利用者であり、システム監査はシステム利用者が安心し、満足して利用できるシステムの稼動・運用に貢献できた時、・・・(全文を読む)

仕組み(コントロール)を憎み、人を憎まず(システム監査人のやりがい)

システム監査における事実と評価について考えてみたいと思います。考え方の参考として、「個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン・・・(全文を読む)

事実と評価について (システム監査人のやりがい)

「システム監査」や「システム監査人」に、何となく気後れ、心理的圧力のような感じを抱いていないだろうか。・・・(全文を読む)

それは思い違いかも(システム監査人のやりがい)

最近、つくづく思うことがある。われわれICTシステムに専門家として携わる者が、近頃ますますテンポを速めるICT革命とそれに伴う社会経済上の革新に、追随できていない ・・・(全文を読む)

ICT革命の進展とICTシステム専門家に求められるもの

SAAJ会報、12月号より紹介しています。