SAAJ会報11月号(第140号)を発行しました

SAAJ会報11月号、第140号をお届けします。

経営者、社長を応援するCSA、公認システム監査人は、システム監査の業務を通して、業務改革の視点を提供します。

 
2012年11月号の記事全体はココからご覧いただけます

個別記事は、次の内容をご覧いただけます。

■めだか(システム監査人のコラム)

システム監査の真の顧客は誰か(システム監査人のやりがい)

システム障害管理の・・・・ホヘト (システム監査人のやりがい)

情報システムの健全性について(システム監査人のやりがい)

『国富論』の時代と現在

■会員からの投稿

構築途上にあるシステムへの監査が足りない・・・なぜ?

■新しく会員になられた方へ

新たに会員になられた方々へ (お役立ち情報や協会活用方法)

■SAAJの活動を紹介(SAAJからのお知らせ)

会員増強プロジェクト(連載中)

ISO化推進プロジェクト(連載中)ダブリン会議参加報告 松尾正行

SAAJ会員システム(その3)

■SAAJ会長コラム

会長コラム CSA利用促進・価値向上に向けて

■SAAJの支部活動紹介

西日本支部合同研究会報告の詳細(前月の続編)
【講演1】事業継続計画とシステム監査 北信越支部 梶川 明美 氏
【講演2】東日本大震災を踏まえた業務継続面の課題~ 金融機関の対応を中心に ~
     中四国支部 協会理事 大石 正人 氏
【講演3】BCPの観点を意識したシステム監査項目の検討
     中部支部 副支部長 澤田 裕也 氏
【講演4】コンシューマライゼーションとその影響
  -コモディティ化した商品を活用する情報システム-
     近畿支部 支部サイトWG 主査 永田 淳次 氏
【講演5】インフラ系制御システムとシステム監査
  ~電力供給系統を支える制御系情報システムの現状とシステム監査の関与について~
     九州支部 福田 啓二 氏
 記事の詳細→西日本支部合同研究会の結果報告その2 ‐個別報告‐ (前号からの続き)

■北信越支部長野県例会の研究報告

 報告1: 「アジャイル開発プロジェクトにおける監査ポイント」 麻生 秀明 氏
 報告2: 「システムリスク管理の取組について」 長谷部 久夫 氏
 報告3: 「事業継続計画とシステム監査」 梶川 明美 氏
 システム監査研究/情報セキュリティ監査研究意見交換

 記事の詳細→平成24年度 北信越支部長野県例会報告

■近畿支部活動のご紹介

【近畿支部活動のご紹介】
(今年度より近畿支部の支部長 林 裕正 より)

1.マイナンバー法案によって変わる事業者における個人情報管理
    弁護士法人第一法律事務所 弁護士 福本 洋一 様

2.FISC『システム監査指針』(第3版)改訂に向けたヒアリング結果について
公益法人金融情報システムセンター(FISC)監査安全部 主任研究員 市川千尋 氏

3. 地方自治体の基幹システム再構築におけるSLA(サービスレベル・アグリメント)について
近畿大学経営学部 津田 博 先生

 記事の詳細→近畿支部活動のご紹介と研究会報告3篇

■月例研究会報告1

「事業継続マネジメントの現場・現実とは」(第174回月例研究会)
  株式会社富士通総研(FRI)執行役員
  第二コンサルティング本部BCM事業部長 伊藤 毅 氏

 参加報告:事業継続マネジメントの現場・現実とは(第174回月例研究会受講報告)

■月例研究会報告2

「新しい時代のシステム監査を考える」(第175回月例研究会)
  東京海上日動システムズ株式会社 代表取締役社長 横塚 裕志 氏

 参加報告:新しい時代のシステム監査を考える(第175回月例研究会受講報告)

■注目情報(2012/10公表)

【なりすましウイルスによる誤認逮捕】

【IPA:セキュリティセンター 2012年10月の呼びかけ「 SNSにおけるサービス連携に注意! 」】

【IPA:クラウドの浸透実態と緊急時対応における課題に関する調査結果を公開】

■全国のイベント・セミナー情報(2012/11)

【東京・月例研究会】10/26、11/21、12/17開催予定

【大阪・近畿支部主催セミナー】11/17開催予定

■「会報編集部からのお知らせ」

会報編集部からのお知らせ

今月も多くの活動報告、投稿をいただき、ありがとうございました。
ご出講、投稿いただいた方、またこのサイトを訪問された方々の一つ一つの活動が、
日々の業務の改善、業績向上や仕組みの変革に寄与するよう、応援させていただきます。
このような活動を、是非、皆様の周りの方にもお知らせください。

イベント・セミナー情報(SAAJ会報2012/11より)

全国のイベント・セミナー情報(2012/11)

saaj会報2012.11より、全国のイベント、セミナーの開催情報をお知らせします。

【東京・月例研究会】と【大阪・近畿支部主催セミナー】の2件です。

【東京・月例研究会】10/26、11/21、12/17開催予定

【大阪・近畿支部主催セミナー】11/17開催予定

注目情報(SAAJ会報2012.11より)

注目情報(2012/10公表)

saaj会報2012.11より、注目情報をお知らせします。
遠隔操作されてしまうウイルス、誤認逮捕。
新しい脅威や攻撃に対しては、防衛するしかないですね。サイバー戦国時代に本格突入です。

10月公表の注目情報3件をお知らせします

【なりすましウイルスによる誤認逮捕】

【IPA:セキュリティセンター 2012年10月の呼びかけ「 SNSにおけるサービス連携に注意! 」】

【IPA:クラウドの浸透実態と緊急時対応における課題に関する調査結果を公開】

新しい時代のシステム監査を考える」(第175回月例研究会)

月例研究会報告

講演テーマ及び講師 :

「新しい時代のシステム監査を考える」(第175回月例研究会)
  東京海上日動システムズ株式会社
  代表取締役社長 横塚 裕志 氏

<講演骨子>
情報システムの目的が、「効率化」から「ビジネスへの貢献」に大きく変化している。
「エンタープライズIT」とスマホを中心とした「コンシューマIT」とが連動を始めた。

この新しい時代において、情報システムに関するリスクの捉え方、
情報システムによる価値創造の考え方など、
情報システムを取り巻く価値観が大きく変化している。
変化の激しいアメリカでの最新動向を取り入れながら、
新しい視点から、システム監査の新しい役割を考えてみようと思います。

参加報告:新しい時代のシステム監査を考える(第175回月例研究会受講報告)

事業継続マネジメントの現場・現実とは(第174回月例研究会)

月例研究会報告

講演テーマ及び講師 :

「事業継続マネジメントの現場・現実とは」(第174回月例研究会)
  株式会社富士通総研(FRI)執行役員
  第二コンサルティング本部BCM事業部長 伊藤 毅 氏

【講演骨子】
BCPが無いとどうするか。
10年前には大概の企業はBCPを持っていなかった。
この状況で被災したら何もしないでいた訳はなくて、
皆が集まり、何を優先しやらなければいけないかを考え、対処したはずである。
これは当たり前のことである。
ただ、昔はこれで良かったが今は平常時のビジネススピードが速くなり、
ビジネスが停止した時の影響が格段に大きくなってしまった。

従ってその時に集まってでは遅く、事前に準備しておかざるを得なくなった。
この当たり前のことを頭に置いて、準備し、訓練する、
これを繰り返すことが事業継続能力を高めることであり、
そのための管理プロセスがBCMである。

参加報告:事業継続マネジメントの現場・現実とは(第174回月例研究会受講報告)

近畿支部活動のご紹介と研究会報告(SAAJ会報2012.11)

近畿支部活動のご紹介

【近畿支部活動のご紹介】(今年度より近畿支部の支部長 林 裕正 より)

近畿支部 第133回定例研究会報告
1.テーマ : マイナンバー法案によって変わる事業者における個人情報管理
2.講師 : 弁護士法人第一法律事務所 弁護士 福本 洋一 様

近畿支部 第134回定例研究会報告 報告者:No985 山中修治
1. テーマ :FISC『システム監査指針』(第3版)改訂に向けたヒアリング結果について
2.講師 :公益法人金融情報システムセンター(FISC)監査安全部 主任研究員 市川千尋 氏

近畿支部 第135回定例研究会報告 報告者:No1709 荒町 弘
1.テーマ: 地方自治体の基幹システム再構築におけるSLA(サービスレベル・アグリメント)について
2.講師: 近畿大学経営学部 津田 博 先生

 
 
記事の詳細→近畿支部活動のご紹介と研究会報告3篇

北信越支部長野県例会研究報告(SAAJ会報2012.11)

SAAJの支部活動紹介

北信越支部長野県例会の研究報告を紹介します。

日時:2012 年9 月1 日(土) 13:00-17:00
会場:長野市生涯学習センター
議題::
 報告1: 「アジャイル開発プロジェクトにおける監査ポイント」 麻生 秀明 氏
 報告2: 「システムリスク管理の取組について」 長谷部 久夫 氏
 報告3: 「事業継続計画とシステム監査」 梶川 明美 氏
 システム監査研究/情報セキュリティ監査研究意見交換

平成24年度 北信越支部長野県例会報告

北信越支部では、新潟、金沢、長野の3県にまたがるため、
例会もそれぞれの都市で開催されています。

西日本支部合同研究会報告の詳細(支部活動紹介、会報2012.11)

SAAJの支部活動を紹介します。

前月に続き、西日本支部合同研究会報告の詳細を紹介します。
【講演1】事業継続計画とシステム監査
【講師】   北信越支部 梶川 明美 氏
【講演内容】 事業継続計画策定におけるシステム監査はいかにあるべきか

【講演2】 東日本大震災を踏まえた業務継続面の課題~ 金融機関の対応を中心に ~
【講師】  中四国支部 協会理事 大石 正人 氏
【講演内容】災害時における業務継続体制をどう整備するのか

【講演3】 BCPの観点を意識したシステム監査項目の検討
【講師】  中部支部 副支部長 澤田 裕也 氏
【講演内容】BCP を対象としたシステム監査を行なった場合の指摘事項

【講演4】コンシューマライゼーションとその影響
  -コモディティ化した商品を活用する情報システム-
【講師】近畿支部 支部サイトWG 主査 永田 淳次 氏
【講演内容】コンシューマ市場で展開されている技術(や製品)が企業向け(エンタープライズ向け)で利用されるコンシューマライゼーションについて

【講演5】インフラ系制御システムとシステム監査
  ~電力供給系統を支える制御系情報システムの現状とシステム監査の関与について~
【講師】九州支部 福田 啓二 氏
【講演内容】インフラ系制御システムの現状とシステム監査の関与について

いづれも関心の高いテーマではないでしょうか。

記事の詳細→西日本支部合同研究会の結果報告その2 ‐個別報告‐ (前号からの続き)