「旬のテーマ」カテゴリーアーカイブ

(2016年度)関東地区主催 会員向けSAAJ活動説明会

イベント報告【(2016年度)関東地区主催 会員向けSAAJ活動説明会】
.                                                                   会員番号 2552 柳田 正 (理事)

関東地区での会員活動(会員同士のコミュニケーションを含む)活性化のための試みとして、関東地区において2013~2016年度に新規ご入会いただいた会員の皆様をメインの対象(※)に、SAAJの各研究会・部会活動にご参加頂けるよう、オリエンテーションを兼ね、交流会を含む「(2016年度)関東地区主催会員向けSAAJ活動説明会」を開催致しました。
※他地区及び2012年以前入会の方にもご参加いただきました。

1.開催日時:2016年10月22日(土) 13:30~19:00 (17:40~交流会)
2.開催場所:NATULUCK茅場町 新館 3階大会議室
3.参加者 :21名(交流会13名) 理事16名
4.プログラム

13:30 開会の辞 (会長挨拶)
13:35 SAAJの研究会及び部会からの活動内容説明
14:30 休憩
14:40 セミナー(1) 事例に学ぶ課題解決セミナー
.               簡易演習「大手銀行の基幹システム障害」
16:20 休憩
16:30 セミナー(2)「個人情報保護マネジメントシステム
.                                         実施ハンドブック出版の経緯」
17:25 閉会 (受講証明書配布・アンケート回収)
17:30 休憩 (会場再セッティング)
17:40 交流会
19:00 終了

続きを読む ⇒(2016年度)関東地区主催 会員向けSAAJ活動説明会

システム監査に関するアンケート結果と課題(saaj会報)

【 システム監査に関するアンケート結果と課題 】システム監査学会
                    
システム監査に関するアンケート
 分析・評価ワーキンググループ 報告 2016 年8⽉

はじめに
 システム監査学会では、2015 年秋に、システム監査に関するシンポジウム等の参加者に対し、システム監査の実施状況、利⽤する基準、規程類、現⾏基準の⾒直しの必要性について意識調査を実施した。
 
そして「システム監査に関するアンケート 分析・評価ワーキンググループ」を組成し、アンケートデータの詳細分析を踏まえ、監査役の視点等の⽇本独⾃の経営との関係についての考察、サイバーセキュリティ戦略の観点でのポイントとプロセスフロー等の課題検討を⾏った。
ワーキンググループがとりまとめた分析結果について報告する。

1.アンケートの結果

(1)調査の⽬的と⽅法
 「実践研究に資するため、システム監査に関わる者に対し、システム監査の実施状況、利⽤する基準、規程類、現⾏基準の⾒直しの必要性について、意識調査を⾏う」ことを⽬的に、以下の3 回のイベントで無記名のアンケートを配布、回収する⽅式で実施した。

•対象:情報システム・ユーザ会連盟主催「システム監査講演会」
 実施⽇:2015 年10 ⽉22 ⽇
 回答件数:98 件(回収率24.5%)

•対象:NPO 法⼈⽇本システム監査⼈協会主催「⽉例研究会」
 実施⽇:2015 年11 ⽉19 ⽇
 回答件数:63 件(回収率:60.6%)

•対象:システム監査学会主催「第28 回公開シンポジウム」
 実施⽇:2015 年11 ⽉20 ⽇
 回答件数:98 件(回収率:62.4%)

続きを読む ⇒システム監査に関するアンケート結果と課題

プレス発表「平成28年度秋期情報処理技術者試験」の応募者数(2016.9)

プレス発表(2016.9)

■【プレス発表 「平成28年度秋期情報処理技術者試験」の応募者数について 】
IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田 達夫)情報処理技術者試験センターは、2016年10月16日(日)に実施する「平成28年度秋期情報処理技術者試験(経済産業省所管)」の応募者数を公表しました。

平成28年度秋期情報処理技術者試験の応募者数は、前年同期比115.3%の220,826人 (平成28年度から開始した情報セキュリティマネジメント試験を除くと198,640人(前年同期比103.7%)) となりました。
 各試験区分の応募者数は以下のとおりです。

応募者の詳細については、次のURL(統計情報)をご覧ください。
http://www.jitec.ipa.go.jp/1_07toukei/_index_toukei.html

Prezi流にアレンジしたSAAJ会報

文字情報の多いSAAJの会報を、
ズーミングプレゼンテーションツール、
 Prezi(プレジ)
を利用して、
少し軽くしてみました。

 

目次部分だけですが、印象はいかがでしょうか。
画面中央の再生ボタンをクリックし、
画面下部の⇒←ボタンで1スライドずつ再生します。
 SAAJ会報 2013年5月号

なお、
preziを初めて操作するかたは、
こちらの操作解説もご覧ください。
自動再生ボタンの操作法を説明しています。
 初めてのPrezi操作解説
 
Prezi活用法について、研修会を開催します。
興味を持っていただいた方は、参加しませんか。

さっそく使ってみたい方は、ココから無料ライセンス登録ができます。
ただし、
無料版では、上記のように画面にPreziのロゴが表示され、
また作成したプレゼンスライドはすべて公開されます。
有料版は、、月額500円程度(4.92ドル)から。

個人的には、まず無料登録して、
使い方に慣れたらアップグレードする方法をオススメします。

時事評論 クラウドサービス業者・大規模データ消失事件に見る5階層の視点

SAAJ会報9月号より、会員の投稿記事を紹介します。

最近起きた、クラウドサービス事業者のデータ消失に関する論点です。

インターネットサービスの機能拡張、事業連携により、今回のような事例は再発するでしょう。

利用者は、どのようにリスクを評価し、サービスを活用するのでしょうか。

クラウドサービス業者・大規模データ消失事件に見る5階層の視点

(話題)ソーシャルマーケティングの監査はどうする

春が来て、新人が来て、SNS盛り
のようです。
事業の力点が販売強化に向かっている中で、
ソーシャル・ネットワークサービスSNSが注目を集めています。

また、会報の記事では、
「システム監査人の悩み」について、記事を募集しています。

したがいまして、
当会報掲示板でも、
会員相互の意見交換を促すため、
コメントを投稿しやすいよう、
このようなきっかけを提供します。

この記事のもとで、やり取りされるコメントは、
SAAJに属する会員のコメントが多いと思われますが、
コメントは会員個人の見解です。

SAAJの意見ではありません。