「支部活動報告2015」カテゴリーアーカイブ

近畿支部 第155回定例研究会報告

■支部活動報告

【 近畿支部 第155回定例研究会 】会員番号2482 岸川 信二

1.テーマ 「標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃の現状と対策」
2.講師   有限責任監査法人トーマツ 
       アドバイザリー事業本部 エンタープライズリスクサービス
         シニアマネジャー 植垣 雅則氏(本協会近畿支部会員)
3.開催日時 2015年11月20日(金) 18:30~20:30
4.開催場所 大阪大学中之島センター 2階 講義室201
5.講演概要
「標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃の現状と対策」
日本年金機構を狙った標的型メール攻撃により大量の個人情報が流出する事案が発生するなど、サイバー攻撃による
情報セキュリティの脅威が年々高まっている。
サイバー攻撃の手口がますます巧妙化・複雑化する中、組織としてサイバー攻撃に備えるには、管理面・技術面の両
方から情報セキュリティ対策を高度化する必要がある。
本講演では最近の発生事案を例にとり、課題を整理するとともに、どのような対策が考えられるかについて解説する。
また、システム監査人として、どのような役割を果たせるかについて考察する。

続きを読む ⇒近畿支部 第155回定例研究会報告

近畿支部主催 システム監査体験セミナー(実践編)開催結果について

近畿支部主催 システム監査体験セミナー(実践編)開催結果について

投稿者 会員番号 1709 荒町 弘(近畿支部)

近畿支部では、2015年10月24日(土)、25日(日)大阪大学中之島センターを会場として、システム監査体験セミナー(実践編)を開催しました。受講者は3名、1つの監査チームでの実施となりました。
IT系の建設業や情報通信サービス業などを手掛ける企業g社を事例とし、「経営戦略と情報戦略・システム企画の適合性」「システムとユーザーニーズの適合性」について外部監査を行い、監査報告では課題および課題解決に向けた方向性を示すという流れでロールプレイを交えながら実施しました。

続きを読む ⇒近畿支部主催 システム監査体験セミナー(実践編)開催結果について

中部支部報告 西日本支部合同研究会 in GIFU

中部支部報告 【 西日本支部合同研究会 in GIFU 】
   報告者 会員番号 1711 澤田裕也(中部副支部長)

1.はじめに
2.一日目(研究会)
3.一日目(交流会)
4.二日目(施設見学と街なか歩き)
5.さいごに

1.はじめに

2015年9月5日(土)、6日(日)岐阜市にて開催した「西日本支部合同研究会 in GIFU」について報告する。
「西日本支部合同研究会 in GIFU」のコンセプトは以下のとおり。

社会保障・税に関わる番号制度、ビッグデータの利活用など、社会や組織の活動における情報システムの利用が益々浸透し、社会の発展をけん引するものとなってきました。そして、情報システムの利用に関わるリスク管理の対象範囲・領域が拡大・変質し、改めて健全な情報化社会の発展に寄与するシステム監査の重要性を認識しないわけにはまいりません。
そこで、本研究会では、『社会と組織のためのシステム監査』をテーマとして、西日本支部の会員各位の発表と、情報化社会の発展に貢献するシステム監査の在り方・今後について議論してまいります。

続きを読む ⇒【西日本支部合同研究会 in GIFU】

近畿支部報告 SAAJ会報2015.11

近畿支部報告
【システム監査体験セミナー(入門編)開催結果報告】
   報告者 会員番号 1345 広瀬克之 (近畿支部)
1.セミナー名称 : システム監査体験セミナー(入門編)
2.開催日時 : 2015年8月29日(土) 10時~17時
3.開催場所 : 大阪大学中之島センター 302号室
4.開催概要
近畿支部では、2015年8月29日(土)、大阪大学中之島センターを会場として、システム監査体験セミナー(入門編)を開催しました。
今回は、これまで数年に渡って開催してきたスーパーマーケットに対するシステム監査のケーススタディから、「セキュリティ」・「マイナンバー」・「指摘文書作成」という3つのテーマに関する内容で10時から17時まで、6名の方に参加頂いて実施しました。コースの概要は以下の通りです。

続きを読む ⇒【近畿支部 システム監査体験セミナー(入門編)開催結果報告】

【 第154回定例研究会 】
      会員番号 1779 山本全 (近畿支部)

1.テーマ 「ツールが無くてもここまでできる SAP ERP 内部統制監査」
2.講師
 三洋電機株式会社 品質・業務推進センター
  IT 統制推進部
  浦上豊蔵 氏 梅谷正樹 氏 下田あずさ 氏
  木ノ原真由美 氏 中川昭仁 氏
3.開催日時 2015年9月18日(金) 18:30~20:30
4.開催場所 大阪大学中之島センター 7階 講義室702
5.講演概要
(1) 三洋電機㈱でのシステム監査の歴史
1987-1990年頃をシステム監査黎明期としており、他社に比べ早くから取組みを開始。以降中断時期を挟み、システム監査を再開したのは 1999 年からで、拡大契機となったのは 2007 年のJ-SOX対応。
2000年問題を機に海外子会社に標準システムとして導入したSAPシステムは、「J-SOX 以前に導入されたため内部統制が十分に考慮されていない」という課題があった。

続きを読む ⇒【近畿支部 第154回定例研究会】

近畿支部 第153回定例研究会

支部報告【 近畿支部 第153回定例研究会 】
        会員番号 1709 荒町 弘 (近畿支部)

1.テーマ   
(1)「ソフトウェア著作権研究プロジェクト最終報告」
(2)「システム監査の多様性研究プロジェクト
(システム監査学会)報告」

2.講師 京都聖母女学院短期大学 生活科学科
       准教授 荒牧裕一 氏
     (本協会近畿支部会員、システム監査学会理事)

3.開催日時 2015年7月17日(金)
  18:30~20:30
4.開催場所 大阪大学中之島センター7階 講義室703

5.講演概要(1)
「ソフトウェア著作権研究プロジェクト最終報告」
ソフトウェア著作権研究プロジェクトはもともと、
「コンプライアンスのシステム監査研究会」の活動成果を受け、
分野別により深い研究を行うために発足した。
「ソフトウェア著作権」を研究対象に選んだ理由は、
以下のとおり。
①昔から存在し、頻繁に改正がある。
②どの企業や業種にも共通して問題になる。
③違反には刑事罰があり、リスクが高い。
④内容が複雑でシステム監査学会との共同研究に適している。
本プロジェクトでは最終成果物として「システム監査チェックリスト」を作成した。これは、ソフトウェア著作権に関する注意事項を導入形態別に分類したものである。監査の進め方として、「監査対象」「監査要点」「監査手法」についてまとめてきた。

続きを読む 

【近畿支部 第153回定例研究会】

IT-BCP体験セミナー 開催結果報告 (SAAJ会報2015.09)

支部報告【 IT-BCP体験セミナー 開催結果報告 】
        会員番号 1709 荒町 弘 (近畿支部)

1.セミナー名称 : IT-BCP体験セミナー
2.開催日時 : 2015年6月27日(土)10~17:00
3.開催場所 : 大阪大学中之島センター 608教室
4.当日参加者 : 受講者 7名
スタッフ 荒町、松井、金子、尾浦、伊藤(BCP研究プロジェクト)、広瀬

5.開催概要
当セミナーは、ケースシナリオを使った体験演習により IT-BCP のポイントを把握することを狙いとし、昨年度から開始したセミナーです。
災害初動の基礎知識や体験演習、IT-BCP の現状と危機対応の原理原則など、IT-BCP の必要性やポイントについて学んでいただくセミナーとして今年も開催しました。

カリキュラムは2つの講義と演習2題から成り、午前はオリエンテーションの後に講義1つ、お昼休みを挟んでのグループ演習を実施し、チームごとの発表および解説を経て、2つめの講義を行うといった流れで 1 日コースのプログラムを終えました。
各演習の最後に検討した結果をチーム単位にまとめて発表いただき、講師講評を踏まえて受講者全員で成果の共有を図りました。

続きを読む 

【IT-BCP体験セミナー 開催結果報告】

北信越支部 「2015年度 福井県例会 報告」

北信越支部 「2015年度 福井県例会 報告」
      報告者 会員No.1281 北信越支部 宮本 茂明

以下のとおり2015年度福井県例会を開催しました.
・日時:2015年6月13日(土) 13:00-17:00 参加者:10名
・会場:福井市地域交流プラザ (AOSSA)
・議題:
1.研究報告
「システム案件起案段階でのシステム監査のあり方」
      小嶋 潔 氏
2.西日本支部合同研究会
「社会と組織のためのシステム監査」
  -北信越支部報告検討・北信越支部報告:
「重要インフラにおける情報セキュリティ管理
  PDCAサイクルの実効性確保とその監査について」

3.SAAJ中部・北信越支部・JISTA中部合同研究会 企画検討
  ・開催日程:11月開催で調整, 
   開催場所:福井市地域交流プラザ

続きを読む 

北信越支部 「2015年度 福井県例会 報告」

支部報告 【 近畿支部第152回定例研究会報告 】

支部報告 【 近畿支部第152回定例研究会報告 】
        報告者 会員番号 0645 是松徹 (近畿支部)

1.テーマ  : 「失敗したITプロジェクトの真の原因に迫るマンダラ図の紹介」
2.講師   : 公認システム監査人 松井 秀雄氏
3.開催日時 : 2015年5月15日(金) 18:30~20:30
4.開催場所 : 大阪大学中之島センター3階 講義室301
5.講演概要 :
「ITプロジェクトで失敗を経験した後、何を学び、何を語り継ぐべき?」との命題を掲げて研究を進め、その成果としてまとめられた失敗を究明する手法である「【ITプロジェクト版】失敗原因マンダラ図」(以後【IT版】マンダラ図)について、構築の経緯・内容と活用事例等についてご講演いただいた。
また、関連して失敗から学んだことを整理し共有する手法である「AAR(After Action Review)」(アメリカ陸軍の事後検証メソッド)について紹介いただいた。

続きを読む 

【近畿支部 第152回定例研究会 報告」】

近畿支部 第147回定例研究会 報告

支部報告 【 近畿支部 第147回定例研究会 】
   報告者 会員番号 169 林 裕正 (近畿支部)

1.テーマ 消費税の複数税率化の動向とシステム監査
2.講師 ジョイント・ホールディングス(株) 
IFRSグループ・ディレクター
     システム監査技術者・公認システム監査人  田淵隆明氏
3.開催日時 2015年3月20日(金) 18:30~20:30
4.開催場所 大阪大学中之島センター 講義室201
5.講演概要
 講師は、近畿支部の会員であり、近畿支部において「システム監査法制化推進プロジェクト」の主査を務めておられます。今回は、消費税の複数税率化の動向とシステム監査について、お話しいただきました。講師による講演の概要は以下の通りです。
「2017年4月に消費税の10%への引上げが延期され、それと同時に軽減税率が導入されることになりました。ただ、この複数税率化による業務負担の増大やシステムの対応を懸念する声が聞かれます。そこで、今回は、会計システムの対応状況と課題、そして、システム監査人としての留意点について解説します。」

続きを読む 

【近畿支部 第147回定例研究会 報告」】

北信越支部 「2015年度 北信越支部総会 報告」

北信越支部 活動報告

北信越支部 「2015年度 北信越支部総会 報告」
   報告者 会員 No.1281 北信越支部 宮本 茂明

以下のとおり2015年度 北信越支部総会を開催しました.

・日時:2015年4月4日(土) 13:00-17:00 参加者:13 名
・会場:富山県民会館
・議題:
 1. 2015 年度北信越支部総会
 2.本部活動報告/意見交換
副会長・事務局長)斎藤由紀子 様
 3.研究報告
  ①「大型システム更改の現実」清水 尚志 氏
  ②「インフラへのサイバーテロについて」 森 広志 氏
4.西日本支部合同研究会 in GIFU 北信越支部報告検討
・共通テーマ:「社会と組織のためのシステム監査」
・北信越支部報告テーマ:
「重要インフラにおける情報セキュリティ管理 PDCA サイクルの実効性確保とその監査について」
・検討推進方法:
テーマに関する情報/コメントについてメールを活用し意見交換を進め、6月の福井県例会で報告について検討

続きを読む 

【北信越支部 「2015年度 北信越支部総会 報告」】