「Preziで紹介」カテゴリーアーカイブ

SAAJ会報2014年4月号(第157号)を発行しました

SAAJ会報2014年4月号(第157号)を発行しました。

SAAJ会報2014年4月号(第157号)の目次は、

SAAJ会報2014年4月号(第157号)目次
からご覧いただけます。

SAAJ会報2014年4月号(第157号)の本文は、

SAAJ会報2014年4月号(第157号)本文
からご覧いただけます。

いよいよ桜、春の音が聞こえます。
しかし、フィッシングやサクラには気を付けましょうね。

sakura

■Prezi版 スライドの準備に少々時間がかかります。

SAAJ会報2014年3月号(第156号)を発行しました

SAAJ会報2014年3月号(第156号)を発行しました。

SAAJ会報2014年3月号(第156号)の目次は、

SAAJ会報2014年3月号(第156号)目次
からご覧いただけます。

SAAJ会報2014年3月号(第156号)の本文は、

SAAJ会報2014年3月号(第156号)本文
からご覧いただけます。

*SAAJ総会は2/21に開催されます。
首都圏の道路わきには残雪を見かけます。まだまだ寒い日が続くようです。
体調管理と健康に気を付けましょう。

■Prezi版 (動画の準備に少々時間がかかります)

SAAJ会報2014年2月号(第155号)を発行しました

SAAJ会報2014年2月号(第155号)を発行しました。

SAAJ会報2014年2月号(第155号)の目次は、

SAAJ会報2014年2月号(第155号)目次
からご覧いただけます。

SAAJ会報2014年2月号(第155号)の本文は、

SAAJ会報2014年2月号(第155号)本文
からご覧いただけます。

*CSA/ASA資格は1/31が更新期限です。
*SAAJ総会は2/21に開催されます。
まだまだ寒い日が続きます。
体調管理と健康に気を付けましょう。

■Prezi版 (スライドの準備に少々時間がかかります。)

SAAJ会報2014年1月号(第154号)を発行しました

SAAJ会報2014年1月号(第154号)を発行しました。

会員各位とシステム監査人協会にとってよい年でありますように、
新年と同時に新会長が就任いたしました。

仲 新会長のご挨拶・・・

沼野 前会長のご挨拶・・・

SAAJ会報2014年1月号(第154号)の目次は、

SAAJ会報2014年1月号(第154号)目次
からご覧いただけます。

SAAJ会報2014年1月号(第154号)の本文は、

SAAJ会報2014年1月号(第154号)本文
からご覧いただけます。

201401SAAJKaihoNr154.pdf

■Prezi版 (スライドの準備に少々、時間がかかります)

SAAJ会報2013年12月号(第153号)を発行しました

SAAJ会報2013年12月号(第153号)を発行しました。

忘年会の季節がやって来ました。
体調を崩さないように健康管理に十分気を付けましょう 。

会報153号の特集は、・・・
今宵は、システム監査の未来にむけて語りませんか。

SAAJ会報2013年12月号(第153号)の目次は、

SAAJ会報2013年12月号(第153号)目次
からご覧いただけます。

SAAJ会報2013年12月号(第153号)の本文は、

SAAJ会報2013年12月号(第153号)本文
からご覧いただけます。

201312SAAJKaihoNr153.pdf

■Prezi版 (スライドの準備に少々、時間がかかります)

システム監査の使い道と秋の声

今月号のPrezi版 SAAJ会報の副題は、

 システム監査の使い道と秋の声

としてみました。

固い話には、やわらかいクッションがよく似合う。

SAAJ会報2013年10月号

画像をクリックすると、
Prezi 再生ページへジャンプします。

画面下部の再生ボタンで、1ページずつページ送りするか、
右端の自動再生モード(3-6秒が適度でしょうを設定してご覧ください。)

preziで紹介 会報150号(2013.9)

preziで紹介シリーズでは、
会報150号(2013.9)を
Prezi標準の埋め込みタグを利用して紹介します。

いつものように、
画面下部の「⇒矢印」でページをめくってください。

新しい試みとして、
記事のいくつかに、
直接、記事本文を見ることができるよう、
URLタグを埋め込みました。

これで、Preziで作成した目次や概要記事から、
直接、会報記事サイトへリンクさせることができます。

ただし、欠点があります。
指定した記事のURLへジャンプしたあと、
Preziへの戻りがうまく設定できません。

通過地点としての利用であれば支障はないのですが、
目次記事として紹介しながら、
元の目次に戻って欲しい場合には、この手法は不向きのようです。