システム監査の活性化(SAAJ会報 2017.01)

投稿 【 システム監査の活性化 】
                 会員番号0557 仲厚吉 (会長)

 当協会は、システム監査の活性化のためSAAJのビジョン(3年後に目指す姿)に沿って、システム監査を核にした「ITアセスメント」や「ITアセッサ」の普及活動、及び「公認システム監査人」と並ぶ「公認ITアセッサ」の認定に取り組んでいきます。「ITアセスメント」は、「ITガバナンス」や「情報セキュリティガバナンス」の6原則のもと、「EDM」サイクル、即ち、「Evaluate」(評価)、「Direct」(指示)、「Monitor」(モニタ)のサイクルにより、統制が維持・向上されているか評価を行い、経営層に助言し、IT利用者のニーズに応えていく活動です。

 日本ITガバナンス協会は、「ITGI Japan カンファレンス 2016(11月14日、東京コンファレンスセンター品川)」を開催し、当協会は後援団体として協力しています。当カンファレンスは、、(続きを読む) ⇒投稿 【 システム監査の活性化 】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です