小惑星探査機「はやぶさ」雑感

先日、無事役目を果たした小惑星探査機「はやぶさ」の目的と役割について、
宇宙科学研究所の公式サイトでは、次のように紹介しています。

1.工学技術実証
 (将来の本格的なサンプルリターン探査に必須で鍵となる技術を実証)
2.サンプルリターン技術の確立
3.4つの重要技術の実証(イオンエンジンを主推進機関として用い、惑星間を航行すること/光学情報を用いた自律的な航法と誘導で、接近・着陸すること/微小重力下の天体表面の標本を採取すること)

打ち上げが、2003年5月9日
帰還が、2010年6月
ですので、丸7年にも及ぶ長期活動です。

その間、行方不明となったり、故障を抱えての宇宙旅行だったわけです。

「はやぶさ」には、現在の地球、日本、日本人の生活はどのようにみえるのでしょうか。
その間に私たちが、得たもの、学んだものはなんでしょか。
私たちが失ったものは何でしょうか。

そこには、
・重要な役割(ミッション)に対する考え方
・故障した時に役割を継続する緊急時対応の考え方
・長期間安定して稼働させる事業継続の考え方
・企画、製造、運用、監視などシステム最適化の考え方
などのもとに、実践されているという事実があります。

壮大な役目を果たした「はやぶさ」に対して、このような自問をして、
システム監査という仕組みを評価する役割を果たしていきたい。

監査に役立つ情報の利用方法

システム監査の実務者向け、システム監査に役立つ情報を収集して提供します。

1)一定期間(当面1年)を経過した情報は削除します。
2)紹介する情報のリンク先は、リンク先の事情によりリンク切れでアクセスできない場合があります。
3)当サイトの情報は、入手先を示した情報については、提供元のルールに従います。利用および活用は自由ですが、その内容はご自身の判断でご利用ください。
4)当サイトの情報を利用することで損害を被ったとしても、当方には何の責任も負担できません。

管理人(竹下和孝)

Hello auditor world!

システム監査人むけ支援サイトへようこそ。

このサイトはWordPressで編集しています。
サイトのメインページは、Concrete5というCMSを利用しています。
Concrete5+WordPressの組み合わせで構成しています。
 + 実はtwitterとの自動連携機能も準備中です(英文サイトではテスト済み)

このように新しいツールの試行や組み合わせについても報告していきます。

システム監査を行う顧客側の情報システムには、
このようなツールを組み合わせて利用している場合もありますね。

システム監査に役立つ情報、企業動向、テクノロジー情報、活用情報などを集めました。