信じられない!自分の書いた記事が広告だなんて

セールスページは、広告。
消費者庁が明示したメッセージの意味に気づく人は、
まだ少ない。
当たり前のことですが、
多くのサイトやブログを運営、
ブログ記事を作成している人には、
自分の記事が広告、という意識はなさそうです。

簡単なスライドショーでも、
動画にすると、わかりやすい。

特に、このサイトが扱うような固いテーマは、
軽いBGMにのって紹介すると、こうなります。

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available

1ページあたりの表示する
メッセージが、1つか2つに絞られるので、
集中できるのでしょう。

苦手な話でも
集中して話を聞けるのでしょう。

さて、「あなたのセールスページはうそだらけ」
という小冊子は、3月から無償配布してきましたが、

期間を延長して5末まで提供しています。それもあと1日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です