「システム監査スキルを経営革新に応用」カテゴリーアーカイブ

システム監査スキルを学ぶ方法

システム監査スキルを、
簡単に学ぶ方法はないものでしょうか。

システム監査、といえば、
経済産業省が所管する、情報処理技術者試験でも、
最難関の試験のひとつ。

学科試験に論文試験があり、
この論文がそう簡単には合格しないのです。

いまや企業活動のあらゆる分野が、
ITなしでは活動できない。

だから、
ITインフラが正常通りに稼動している、
ということは、電車が定刻に運行されることと同じように、
重要なことなのですが、
あまりに当たり前になっていて、
なかなか経営者の関心を引き寄せられないのでしょう。

情報セキュリティは、
実際に被害が発生すると、
損害賠償の請求をうけて、
経営上の損害も大きくなることがわかってきているのですが。

情報システムの企画、導入段階から、
どのような仕組みを情報技術によって運用するのか、
また、
情報技術の活用で、
どのような成果(時間短縮、工期短縮、経費削減など)を
目標とするのか、
明らかにしてIT活用を勧めることが大事です。

ITによる処理は、
いわば、単純な計算を早く、何回も繰り返すことは得意です。
この処理は、
場合によっては単純ですが、情報技術を活用すると、
いったんスタートすれば、ストップするまでひたすら繰り返します。

しかも、文句を言わずに、ひたすら繰り返し処理しまうs。

人は、
疲れると注意力も途切れてミスを犯すでしょう。

機械は、
故障しない限り、
プログラムされたとおりの作業を、文句も言わず繰り返す。

そんな特徴をもつ、
情報技術の活用場面や人の業務との組み合わせ場面を、
とくに、人が間違えた作業や、
間違いやすい作業、
間違えてく気づかない作業を
丹念に調査して、
ミスのおきにくい業務プロセスを作っていく。

そのような、業務改善に直結するような
システム監査スキルを学ぶ方法はないものでしょうか。

そのような
組織内の問題解決を支援するために、
2つのアイデアがあります。

ひとつは、
このサイトでも紹介している、
NPO法人 日本システム監査人協会(SAAJ)がサポートする、
システム監査普及サービスです。

詳細は、同、SAAJの事例研究会に問合せするとよいでしょう。

もうひとつは、
LLP日本公認システム監査人にコンサルティング(業務分析)を
依頼するのはいかがでしょう。

詳細は、当サイトのお問合せから、相談依頼を投げかけてみてください。

この両者のメリットは、
どのようなシステム監査が必要か、
実務経験者によるアドバイスを得ることができることです。

概要を相談することで、熟練した監査人は、
難易度、必要な工数、費用の見積もりを提案できます。

このように、
まずは、システム監査のベテランに整理を依頼して、
プロに問題解決を頼んだほうが効率的な部分と
自身で判断、解決できる部分を仕分けすることから始める。

その場は、
ベテランのシステム監査スキルを学ぶ場面でもあるわけです。

システム監査スキルを経営革新に応用するには

システム監査だけでなく、
監査スキルは、経営革新に直結すると考えています。

最近増加している、ISOマネジメントシステムに関連する、
内部監査が、業務改革に直結する代表例でしょう。

つまり、
内部監査に必要な組織内部の課題や目標は、
外部の監査人には、なかなか踏み込めない要素が多いので、
内部監査人が本領を発揮する分野でしょう。

規模の大きい組織であれば、
内部監査を専業とする組織を確保できて、
年中、業務の実行状況を評価できます。

しかし、
規模が小さくなると、
監査といえども、
専任者を割り当てるわけにも行きません。

すると、
ISOマネジメントシステムの必要性から、
年に1回だけ、
3-4日を監査の準備と実査にあてる、
という内部監査のスタイルができるわけです。

そこで、
システム監査がコアとして持つ、
問題発見能力、
業務分析の経験やスキル、
業務改善への提案力、
IT活用能力と経験・・・
が役に立つわけです。

しかし、
そんなスキルと経験を持つ人が、
社内にいるのか。

情報システム部門は、
日常業務の運用、課題解決だけで手一杯、
という状況で、
とても他部門の支援なんかに手を回せない。

これらは、よくあるケースで、
経営革新や業務改革を進めようとする場合に、
超えなければならないステップでしょう。