監査の独立性

監査の独立性
客観的、公平な監査を行うためには、「独立性」の確認が必須です。監査を実施する場合には、監査を受ける組織(企業)から独立した第三者が監査を担当することで、組織上の独立性を確保します。また、監査を除く業務上の取引関係がないこと、さらに担当する監査人は、直近の3年程度は、社員や構成員の関係でないことで、人的な利害関係が無いことを確認しています。
特定の情報システムの開発や運用状況を監査する場合に、特定のハード、ソフトの開発ベンダとの取引関係がある場合には、独立性が保たれていると説明することが苦しくなります。どのITベンダ、会計監査法人にも帰属していないと、安心してシステム監査業務を依頼できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です