システム監査に必要な技術経験

システム監査に必要な技術経験
システム監査は法定監査ではありません。したがって誰でもシステム監査を実施することは可能ですが、それなりの技術経験がないと実際に評価することは困難です。

 経済産業省の情報処理技術者試験には、最難関のレベルにシステム監査技術者の試験制度が運用されています。さらに経済産業省の指導をうけて運用されている「公認システム監査人」制度は、ペーパー試験の合格者である「システム監査技術者」に対して、所定の実務経験と継続研修を求める精度です。

 これだけ技術革新の激しい分野で監査を行う場合には当然のことと考えられます。「公認システム監査人」制度は、NPO法人日本システム監査人協会が運用しています。

監査人の豊富な経験を持っていること、所定の技術を有していること、さらに、相手が理解できるように説明できることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です